ホーム > 過払い金とは

過払い金とは

過払い金とは

グレーゾーンについて

お金を借りる事に関して定めている法律は2つ存在しています。ひとつは「利息制限法」で、金額により15〜20%と定められています。もうひとつが「出資法」で、29.2%と定められています。 利息の定めを違反した場合、「出資法」には罰則がありますが「利息制限法」には罰則がありません。このグレーゾーンを利用して商売をしているのが、消費者金融業者なのです。ところが、大多数の方はこのような法律の存在を知りません。ですから「契約をしたのだから…」ということで、請求されると本来は支払わなくてもよい、余分な利息まで払ってしまっているわけです。

過払い金について

一定の要件を満たさない業者は、グレーゾーン内の利息を請求することができません。大手消費者金融でも、まずその要件を満たしてはおりません。今までの契約利息が違法であったわけですから、最初の契約までさかのぼって、利息制限法内の利息で契約を最初から見直すことになります。

引きなおし計算の結果、借金の残りがあっても借りている期間が長ければその額は大幅に減額されます。また、借金が残らず、業者に対して返金請求できる事もあります。
これを「過払い金」と呼びます。

資料について

過払い金があるかどうか、今までの取引内容がわかる資料が必要となりますが、大多数の方は、契約当初からの領収書等を保管されていません。しかし、ご心配なさる必要はありません。金融業者には取引履歴の保管義務があり、交付請求をすることができます。

過払い金の請求について

過払い金はもともと自分のお金です。全て返還してもらうのが普通ではないでしょうか?
業者との交渉が難航することもありますし、訴訟を提起することもあります。

過払い金の時効について

過払い金の発生は現在債務残高がある方だけに発生するわけではありません。
すでに借金を返し終わった方でも最後に返済されてから10年が経っていなければそこから初回の借り入れまでさかのぼって金利の見直しが出来ます。「借金はもうないから私には関係ない」と思っておられるようであれば、ぜひ過去の借金を思い出してみてください。10年経っていなければ、貴方がお支払いした貴重なお金が戻ってくるかもしれません。ぜひお尋ね下さい。

そこで私たち専門家である司法書士にご相談される事をお勧めいたします。

私たちがご相談にのります。

イメージ

司法書士法人 杉山事務所

あなたの問題の解決への道は、
必ずあります。
一人で悩まず、まずはお気軽に
ご相談下さい。

過払い金

ページの上へ